2014年01月15日

ビジテリアン大祭

『ビジテリアン大祭』は宮沢賢治の短編小説。宮沢賢治の死の1年後である1934年に発表された。

ビジテリアンとはベジタリアン(菜食主義者)のこと。ニュウファウンドランド島の山村に世界各地のベジタリアンたちが集まりビジテリアン大祭が開催される。そこにベジタリアン反対論者たちが登場してスリリングかつユーモラスな論戦を繰り広げる。

植物も動物と同じ生物なのになぜ植物を食べて良いといえるのか?

ベジタリアンでない人なら一度は疑問に思うであろう問いかけが次々と登場し、それらの問いかけに対して理路整然とした答えが返されていく。

世界の食糧問題と菜食との関連に関する議論では、単位面積あたりでどれだけの人の食料が生産できるかを計算した話があり、現代の生態学におけるエコロジカルフットプリントの萌芽といえる考え方が示されている。80年前に発表された物語なのに、現代社会でも十分に通用する議論が描かれているのには本当に驚かされる。さすがは宮沢賢治だ。

宮沢賢治がベジタリアンだったことを知っている者にとっては、この論争の結末は予想通りのようでいて、ちょっとした意外性もある。

ベジタリアンの人たちの考えを知ることができる楽しい物語の一つである。

ただし、環境倫理の視点からみると、宮沢賢治がベジタリアンを「菜食信者」とみなしている点は偏見であろう。

世界には菜食を推奨する宗教が多数あり、それら宗教の熱心な信者であればたしかに「菜食信者」だ。しかしそれら宗教の信者でなくても、無神論者であっても、ベジタリアンであることは大変多い。

例えば、明治維新以前の日本人たちはほぼベジタリアンで、肉は特別なお祝いや病気の時以外はほとんど口にしなかった。現在でも伝統的農業が営まれている村では、菜食と魚中心で生活する老人たちが多い。それはなぜなのか?

これは『ビジテリアン大祭』では答えることができない。
宮沢賢治は晩年にベジタリアンであることを止めたが、私が思うに、おそらく菜食を論理的に信仰していたせいでそうなったのだろう。論理的な信仰は、異なる論理の登場によって崩れ去る危険性がある。

『ビジテリアン大祭』の論理は、自然保護分野における生態系サービスの考えに似ている。それは論理的で説得力があるが、人と自然との関わりの中で育まれてきた人々の想いや喜びはそぎ落とされている。

ともあれ、現在の地球環境問題を理解するために、こうした考え方は役に立つものであり、『ビジテリアン大祭』は地球環境問題の大人向け入門書として価値があるのかもしれない。

(文責:道下雄大)


【関連ページ】
青空文庫・ビジテリアン大祭
http://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/2589_25727.html

amazon


タグ:宮沢賢治
posted by 道下雄大 at 17:48| Comment(0) | 文学

2014年01月13日

Abita

『Abita』は福島の原発問題を扱った短編アニメ。ドイツのDHBW Ravensburg大学におけるShoko Hara氏とPaul Brenner氏の卒業制作品。音楽はLorenz Schimpf氏による。2013年ブラジルとドイツで受賞し注目を集めたが、日本ではほとんど報道されていないらしい。Shoko Haraさんは岡山県出身。

この作品のテーマは「福島の子供たちが、放射能のため外で遊ぶことができない。彼らの夢と現実について。」とされる。台詞は一切なく、落ち着いたBGMのもと、シンプルかつ幻想的な映像がつづられていく。人と他の生物が連続するさまは、神話的、アニミズム的なイメージを生み出しており、3分49秒と短い作品だが、印象的で美しい。

現在下記Youtubeなどで視聴できるが、このYoutubeページには複数の視点からの書き込みが多数あり、環境倫理的に興味深い議論が展開されている。

2011年9月に鉢呂経産相が福島原発周辺を「死の街」と述べたことに対して、賛否両論が巻き起こった事があるが、『Abita』をめぐる議論はこれと同じ論理構造のようだ。

原発に対する想いや価値観は人それぞれ違っている。
だからこそ『Abita』を通して、互いに敬意を払いながらも建設的な議論が続けられることを心から願う。

(文責:道下雄大)

posted by 道下雄大 at 13:20| Comment(0) | アニメーション(アニメ)

2014年01月12日

天体観測

『天体観測』はBUMP OF CHICKENの代表曲の一つであり、BUMP OF CHICKENのボーカリスト兼ギタリストの藤原基央が作詞した。2001年リリース。2002年に放映された同名のドラマに影響を与え、その挿入歌として採用された。



この曲では、やや難解とも思える哲学的な歌詞で、天体観測という少年の日々の思い出を描いていく。難解なだけの歌詞であれば人々の共感は得られないが、この曲は一度聞くと不思議な共感を呼び起こし、なぜかもう一度聞きたくなる。『カルマ』もそうだが、藤原基央の天才的能力が発揮された作品の一つといえる。

知識の少ない子供にとっては何もかもが新鮮だ。「見えないモノ、知らないモノ」を見ようと夢中になるのは、ひょっとしたら誰にでも懐かしい思い出なのかもしれない。

この曲で天体観測という言葉はやや比喩的な意味で使用されており、「見えないモノ、知らないモノ」であれば、観測する対象が違ってもこの曲の本質に違いは生じないだろう。森に潜む動物、野原を彩る草花、台風の後の水溜り、街を白く染める雪など、自然を対象として観測・観察するなら、人はこれを自然体験と呼ぶ。

私がこの曲を始めて聞いた時、私の過去の自然体験とこの曲のイメージがつながっていくのを感じたが、みなさんはどうだろうか。

少年たちは身近な環境と関わりあいながら成長していく。
かつて自分が環境から学んだ大切な何かを再確認できるのなら、この曲の環境倫理的な価値は高い。
このような目的でこの曲を楽しむのも有意義だろう。

でも、この曲が本当に伝えたいのはそんなことではないらしい。

かつて天体観測をするとき、そこには仲間たちがいた。
そして、仲間たちは「予報外れの雨に打たれ」るなどつらい経験をしたが、未熟な自分は彼らを救えなかった。

この曲の最後でBUMP OF CICKENは、天体観測の仲間がいないにもかかわらず、「『イマ』というほうき星 君と二人追いかけている」と歌う。

過去を乗り越えるために、イマすべき何か、
「ほうき星」とはその何かなのかもしれない。


注)ときに勘違いされることがあるが、この曲は作詞者の藤原基央が述べたとおり恋愛を描いた曲ではない。歌詞の詳しい意味を知りたい人は、下記「くりごはんが嫌い」の記事をどうぞ。
以上の考察は「くりごはんが嫌い」の記事の助けを借りる部分が大きい。「くりごはんが嫌い」の作者であるkatokitiz氏に深く感謝申し上げる。

(文責:道下雄大)


【関連ページ】
『天体観測』の歌詞を分析するその1(ブログ「くりごはんが嫌い」より)
http://d.hatena.ne.jp/katokitiz/20081205/1228460060

『天体観測』の歌詞を分析するその2(ブログ「くりごはんが嫌い」より)
http://d.hatena.ne.jp/katokitiz/20081206/1228540626

『天体観測』の歌詞
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND12811/index.html

amazon
『天体観測』収録CD

タグ:BUMP OF CHICKEN
posted by 道下雄大 at 18:44| Comment(0) | 音楽

2014年01月10日

カルマ

『カルマ』はBUMP OF CHICKENの楽曲であり、BUMP OF CHICKENのボーカリスト兼ギタリストの藤原基央が作詞・作曲した。2005年リリース。



この曲は哲学的に深い世界観で描かれたロールプレイングゲーム『テイルズ オブ ジ アビス(TALES OF THE ABYSS)』の主題歌として発表され、このゲームの哲学的エッセンスがみごとな形で凝縮された作品である。近年のゲーム音楽は驚異的な芸術性の高さで人を圧倒させることがあるが、これはその代表的例といえる。ゲームに興味のない人もぜひ一度は聴いて欲しい。
なお『テイルズ オブ ジ アビス』は2008年にアニメ化され、この曲はそのオープニング曲としても採用された。

カルマはサンクリット語で行為を意味するkarmanに由来する言葉であるが、やがて仏教などの教えで使用されるうちに、因果応報をもたらす行為の意味で使用されるようになった。

生物として生まれれば、必ず自分の肉体はどこかの空間を占領し、その空間を巡って他の生物との関わりあう。
だから我々は自ら死を選ばない限り、他者に対して何かの行為をなす。

他者と戦い、他者を追い出し、他の生物を死に追いやり、手が汚れていく。
その結果、数々の悲しみや憎しみ、愛情などが生じ、さらなるカルマとしての行為を導いていく。

たとえ宗教を信じていなくても、カルマは冷酷な形で我々の人生にのしかかり、生き方を左右していく。

これは人と自然との関わりあいでも同じだ。
人が集まれば、大なり小なり自然破壊という行為がなされる。
例えば、あなたが住んでいる建物は、誰かが自然を破壊してくれた行為の結果として存在する。
そしてその行為は、自己と自然の双方に何らかの結果をもたらし、自己と自然とを共に変化させていく。

カルマとはどこか遠くにある神秘的な概念では決してなく、私の体の中に濃密な感覚を刻んでは深層意識の中に沈んでいく誰にでも身近な存在だ。

なお『テイルズ オブ ジ アビス』ではしばしば予言の形でカルマが表現されるが、それはカルマの一形態にすぎない。むしろ親と子の関りあい、友人どうしの関りあい、敵どうしの憎しみあいなどがこの物語の中心となるカルマであり、それらカルマは主要人物たちの心を激しく揺さぶり、結果として血縁やレプリカ(クローン人間の意味)を乗り越える結果をもたらす。カルマ同士が激しくぶつかり合う情景こそがこの物語の哲学的本質であろう。

カルマは多くの悲しみをもたらす。
これは『カルマ』の歌詞にも歌われている通りだ。

でも真に大切なのは悲しみじゃない。

カルマは「同じ鼓動の音を目印にして」互いの存在を感じあう結果をもたらす。
その感じあう行為の中に、大切な「何か」があると『カルマ』は示唆する。

BUMP OF CHICKENは「知らなきゃいけない事はどうやら1と0の間」と歌う。

では、1と0の間にその大切な「何か」はあるのだろうか。

環境倫理学で必要とされる二項対立の克服を意味しているようにも聞こえるが・・・

この先の解釈は、人それぞれに違っている方がいいのだと思う。

(文責:道下雄大)


【関連ページ】
『カルマ』の歌詞
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND35144/index.html

amazon
『カルマ』収録CD

posted by 道下雄大 at 18:40| Comment(0) | 音楽

2014年01月07日

BLACK JACK(ブラック・ジャック)

『BLACK JACK』(ブラック・ジャック)は手塚治虫の代表作の一つ。『週刊少年チャンピオン』にて1973年から1983年まで掲載された。医療漫画の原点として、他の漫画家たちに多大な影響を与え続けている。

主人公のブラック・ジャックは天才的な外科医であり、その能力の高さゆえに、彼の前には治療困難な患者たちが続々と集まってくる。彼は高額な報酬と引き換えに、全力で彼らを治療する。しかし、彼の天才的な能力をもってしても、しばしば治療は失敗する。また彼の治療とは無関係の出来事によって患者の生死が左右されるたりする。

この作品の哲学的特徴は、自然への畏敬の念が鮮烈な形で描かれる点にある。もちろん他の医療漫画と同様、生命は尊いものとして描かれるが、単純な生命賛歌では決してなく、恐れ敬うべき自然の一部として生命が光り輝く形式をとる。

ブラック・ジャックが恩師の治療に失敗する直前、恩師は死を悟りながら吐露する。
「どんな医療だって、せ 生命のふしぎさには・・・かなわん・・・ に 人間が い 生きもの生き死にを じ 自由に し しようなんておこがましいとは お お 思わんかね・・・」

そして、ブラック・ジャックのライバル的存在であるキリコは自然の暗部を象徴する存在として現れる。
キリコは道に落ちている蝶の死骸を持ち上げながら問いかける。
「生きものは死ぬ時には自然に死ぬもんだ・・・それを人間だけが・・・無理に生きさせようとする。どっちが正しいかね ブラック・ジャック」
その蝶の死骸は桜の花びらのごとく風に舞い、自然の中へと消えていく。

また別の話で治療に失敗した時、ブラック・ジャックは天に向かって叫ぶ。
「神さまとやら! あなたは残酷だぞ。
医者は人間の病気をなおして命を助ける!
その結果 世界じゅうに人間がバクハツ的にふえ 食糧危機がきて何億人も飢えて死んでいく・・・
そいつがあなたのおぼしめしなら・・・
医者はなんのためにあるんだ」

個体としての生命を尊重する倫理と全体としての環境を尊重する倫理。
どちらの倫理も大切だが、この方向性の異なる二つの倫理はどのように共存すべきなのだろうか。
現代の環境倫理学は、いまだにまともな答えを出せてはいない。

ブラック・ジャックの問いかけは、今でもなお私の心に鳴り響いている。


【追記】 2014年7月6日
自然環境問題では、個体と全体のどちらを守るべきかで、しばしば倫理的な葛藤が起きる。例えば、現在日本各地でシカが増えすぎたために、若い植物が食べつくされ、はげ山の危機に瀕する地域が急増している。シカという個体の命を守れば全体としての環境が破壊される場合もあるのだ。
これと同様に、人が急増すれば、人の住む環境が破壊される場合もある。

個体と全体は互いに補いあう関係にあるので、どちらかだけを守ろうとしてもうまくいかない。

こうした倫理的葛藤は、社会生活を営む人なら誰にでも起こりえるものであり、広く議論されるべきものだと思う。


(文責:道下雄大)


【関連ページ】
公式ホームページ
http://tezukaosamu.net/jp/manga/438.html

amazon

  
タグ:手塚治虫
posted by 道下雄大 at 00:03| Comment(1) | 漫画