2014年07月03日

鋼の錬金術師

『鋼の錬金術師』は、荒川弘による漫画作品。『月刊少年ガンガン』にて、2001年8月号から2010年7月号まで連載された。2003年と2009年の2度、異なる形式でアニメ化されている。

この作品の舞台は近代ヨーロッパ風の架空世界だが、登場する「錬金術」はヨーロッパで研究された本物の錬金術と異なり、いわゆる魔法のような技術である。ただし等価交換という制約下でのみ可能となるため、無から物質やエネルギーを生み出したり、飛行や瞬間移動をしたりするようなことはできない。
この等価交換という制約により、本作品は精神的な意味でオリジナリティの高い作品となっており、他のファンタジー作品とは大きく一線を画している。

2003年に制作されたアニメ版の『鋼の錬金術師』では、毎回オープニング曲に先立って次の説明がなされるが、これは『鋼の錬金術師』をみごとに要約している。

「人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない。
 何かを得るためには、それと同等の代価が必要になる。
 それが、錬金術における等価交換の原則だ。
 その頃僕らは、それが世界の真実だと信じていた・・・」

物語の冒頭で主人公の少年は「錬金術」における禁忌を犯し、その代償として右手と左足、弟の体を失う。
彼は罪人であることを自覚しながら、失ったものをとり戻すための長い旅に出る。そして、多くの仲間たちと敵たちに出会う。


環境倫理的な視点で見るなら、
等価交換は平等という概念に似ている。
それは現代哲学で語られる平等とは意味がややずれるが、私たちが素朴な意味で使用する平等は等価交換とほぼ同義だと思う。

例えば、何の犠牲もなく自由に望むものが得られる人がいたり、特別な理由もなく商品に代価を支払わない人がいたとしたら、社会における平等性は低下する。人種差別や男女差別は、平等だけではなく等価交換をも破壊する。

また、血のにじむような努力をした人が何かに成功するとき、多くの人はその事実を心地よく感じる。努力をしない人が何かに成功した時、多くの人は釈然としない不平等さを感じる。

人から助けられた時、自然の恵みを受けた時、人は何らかの形でそのお返しをしたい衝動に駆られるが、これも等価交換や平等の現れであろう。

でも、等価交換や平等は世界の真実だろうか?

確かに、この物語で指摘されるように、化学の質量保存の法則は等価交換の様相を示す。
一方、生物の世界では、優秀な遺伝子を持つものたちが、そうではないものたちよりも、より多くの食料を得て、より多くの子孫を残す。
それが生物学の指し示す厳然たる事実。

人の世界では、動物よりも努力がより大きな意味を持つけれども、優秀な遺伝子を持つものが生存により有利であるのは同じだ。

したがって、等価交換や平等が世界の「事実」とは言い難い。

それでも、等価交換や平等が私たちの心に大きな影響を与え続けているのだとしたら、それは「事実」を越えたところにある大切な心の「願い」なのだろう。

そうした心の「願い」は「事実」よりも美しい、
私にはそう感じられた。


【関連ページ】
amazon
(赤い服を着た人物が主人公のエドワード・エルリック。4巻右の黒服の人物たちが敵のホムンクルスであり、暴食、嫉妬、色欲などと7つの大罪(カトリックの教えの一つ)に由来する名前を持つ。暴食、嫉妬、色欲もまた精神的な意味では厳然たる「事実」である。)

   
タグ:荒川弘
posted by 道下雄大 at 13:24| Comment(0) | 漫画

2014年01月07日

BLACK JACK(ブラック・ジャック)

『BLACK JACK』(ブラック・ジャック)は手塚治虫の代表作の一つ。『週刊少年チャンピオン』にて1973年から1983年まで掲載された。医療漫画の原点として、他の漫画家たちに多大な影響を与え続けている。

主人公のブラック・ジャックは天才的な外科医であり、その能力の高さゆえに、彼の前には治療困難な患者たちが続々と集まってくる。彼は高額な報酬と引き換えに、全力で彼らを治療する。しかし、彼の天才的な能力をもってしても、しばしば治療は失敗する。また彼の治療とは無関係の出来事によって患者の生死が左右されるたりする。

この作品の哲学的特徴は、自然への畏敬の念が鮮烈な形で描かれる点にある。もちろん他の医療漫画と同様、生命は尊いものとして描かれるが、単純な生命賛歌では決してなく、恐れ敬うべき自然の一部として生命が光り輝く形式をとる。

ブラック・ジャックが恩師の治療に失敗する直前、恩師は死を悟りながら吐露する。
「どんな医療だって、せ 生命のふしぎさには・・・かなわん・・・ に 人間が い 生きもの生き死にを じ 自由に し しようなんておこがましいとは お お 思わんかね・・・」

そして、ブラック・ジャックのライバル的存在であるキリコは自然の暗部を象徴する存在として現れる。
キリコは道に落ちている蝶の死骸を持ち上げながら問いかける。
「生きものは死ぬ時には自然に死ぬもんだ・・・それを人間だけが・・・無理に生きさせようとする。どっちが正しいかね ブラック・ジャック」
その蝶の死骸は桜の花びらのごとく風に舞い、自然の中へと消えていく。

また別の話で治療に失敗した時、ブラック・ジャックは天に向かって叫ぶ。
「神さまとやら! あなたは残酷だぞ。
医者は人間の病気をなおして命を助ける!
その結果 世界じゅうに人間がバクハツ的にふえ 食糧危機がきて何億人も飢えて死んでいく・・・
そいつがあなたのおぼしめしなら・・・
医者はなんのためにあるんだ」

個体としての生命を尊重する倫理と全体としての環境を尊重する倫理。
どちらの倫理も大切だが、この方向性の異なる二つの倫理はどのように共存すべきなのだろうか。
現代の環境倫理学は、いまだにまともな答えを出せてはいない。

ブラック・ジャックの問いかけは、今でもなお私の心に鳴り響いている。


【追記】 2014年7月6日
自然環境問題では、個体と全体のどちらを守るべきかで、しばしば倫理的な葛藤が起きる。例えば、現在日本各地でシカが増えすぎたために、若い植物が食べつくされ、はげ山の危機に瀕する地域が急増している。シカという個体の命を守れば全体としての環境が破壊される場合もあるのだ。
これと同様に、人が急増すれば、人の住む環境が破壊される場合もある。

個体と全体は互いに補いあう関係にあるので、どちらかだけを守ろうとしてもうまくいかない。

こうした倫理的葛藤は、社会生活を営む人なら誰にでも起こりえるものであり、広く議論されるべきものだと思う。


(文責:道下雄大)


【関連ページ】
公式ホームページ
http://tezukaosamu.net/jp/manga/438.html

amazon

  
タグ:手塚治虫
posted by 道下雄大 at 00:03| Comment(1) | 漫画

2013年12月24日

PLUTO(プルートウ)

『PLUTO』(プルートウ)は、人気漫画家浦沢直樹の代表作の一つ。
手塚治虫の『鉄腕アトム』中の「地上最大のロボット」部分をリメイクした作品だが、オリジナルの物語、世界観、画風が多数盛り込まれており原作とはまったく異なる雰囲気で楽しめる。『ビッグコミックオリジナル』にて2003年から2009年まで連載。単行本全8巻。

この作品はロボットの権利が認められた先進社会を舞台にしており、世界ロボット人権法の廃止を求める過激団体やロボットを心から愛する人たちが登場する。

登場するロボットたちの感情は基本的に人とは異なったものとして描かれているが、やがて身近なロボットたちが殺害されていくにつれて、ロボットたちは人の悲しみを知り、ロボットと人とが同化していく。
手塚治虫の鉄腕アトムでもそうだが、ロボットは人以上に人らしい心を身につけ、男らしく筋の通った生き様、そして死に様を示す。

それにしても、ロボットの心とはいったい何なのか。心が存在するとはいったいどういうことなのか、考えさせられる。

現在の環境倫理学ではヒト以外の動物に権利を認めるかどうかは大きな問題だ。ヒトと似た生体構造を持ち、ヒトと似た神経系を持つ動物に、ヒトと似た心や感情があるという発想を多くの人は否定できないだろう。だから動物の権利という概念は社会で影響力を持つ。

ロボットの体や神経は人と全く異なる仕組みで作られているが、知能の高さという点で見れば動物よりもヒトに近い。

では、そこにヒトと似た心や感情が生まれえるだろうか?

もし生まれるのであれば、『PLUTO』の世界はやがて現実のものとなり、将来における環境倫理の重要な課題となる。

我々は常にヒトとは異なる多種多様な存在に囲まれている。
大自然の中で生活しようと、大都会の中で生活しようと、この事実は変わらない。

動物、植物、山、川、海、歴史的建造物、ロボットなどヒトと異なる存在をどう認識し、そこにどのような価値を認めていくべきなのか。

たとえロボットに人と似た心や感情が無かったとしても、『PLUTO』の問いかけはやがて別の形で我々に迫ってくるだろう。

(文責:道下雄大)


【関連ページ】
amazon
(1巻表紙はゲジヒト、2巻表紙はアトム、3巻表紙はウランであり、すべてロボットである)

    
posted by 道下雄大 at 22:34| Comment(1) | 漫画