2014年10月28日

風の谷のナウシカ(アニメ版)

宮崎駿氏との偶然の出会い、それはとある急峻な谷間の農村で起きた。
出会いといっても民俗学に関する多少の会話を交わしただけなので、彼はもう私のことは忘れているかもしれない。

たまたま民族植物の研究調査で訪れた農村、そこは伝統的な日本の民俗文化が今も息づく場所であり、日本の原風景ともいえる景色が広がっていた。
宮崎氏は定期的にここを訪れていた。
そこは彼にとっても私にとっても、なぜか心地よい場所。

本作品に登場する風の谷とはまるで風景が違っているけれども、私にとってはこれも「風の谷」だ。

「風の丘」ではなく「風の谷」。

民俗学、生物学、民族植物学など学術的な視点で見るなら、この違いはとても大きい。
谷は雨水の集まる場所であり、野性植物たちを育み、丘よりも肥沃な土地となりやすい。
やがて植物たちだけでなく、人を含めて多くの動物たちが寄り集まる。
だから長い歴史を持つ日本の農村は、その多くが谷に位置する。
水が多いので水田耕作にも適する。

日本の古い地名には「谷」を含むものが多いが「丘」を含むものは少ない。
「丘」はたいてい歴史の浅い新興住宅地であろう。

丘は砦や城を築くには適しているかもしれないが、農耕民にとっては好ましい場所ではない。
生物の種類も丘と谷とでは違っており、それぞれに異なった生物種が生息している。
つまり距離は近くても丘と谷は別世界なのだ。

谷は肥沃であり、収穫物などを通して多くの喜びを人々にもたらす。
しかし、その肥沃さゆえに、丘からの侵略を受けやすく、多くの悲しみも生じる。

風の谷のナウシカでは、日本文化の根源ともいえる「谷」の悲しみと喜びが表現されている。
おそらく日本人であれば、無意識のうちに共感を感じてしまうのではないだろうか。
このような物語設定は宮崎作品以外のアニメや漫画ではほとんど例がなく、みごとだと思う。

一方、
谷の悲しみは、侵略を受けやすいことだけではない。
多くの生物たちが集まれば、人にとって有害な生物も集まる。

生きるため、太古の時代から人は有害な生物を殺し排除してきた。
農業のために必要とあれば、森を焼き払い、有害・無害にかかわらず生物たちを殺すことさえある。

本作品で描かれる自然は人に恵みを与える一方で、厳しくたくましい。
腐海の森は毒を吐き、ある種の生き物は戦車よりもはるかに強い力で人を襲う。

まるで原始時代のように、この作品の登場人物たちは自然と戦って生き、自然を征服しようともがいている。

しかし、そこに環境倫理が存在しないかというと、そうではない。
谷の長老は、侵略者たちに対して、自然に対してしてはならないあることを訴える。
その訴えは禁足地など日本でもよくみられるタブー(禁忌)の一種であり、タブーであるがゆえに村の外からやってきた侵略者たちの心に響くことはない。

タブーとはそういうものだ。
非論理的で説得力に欠けるが、ときとして重要な倫理が見え隠れする。

本作品のタブーの中にも何かが見え隠れする。
主人公のナウシカは命がけの活躍によってそれを徐々に明らかにし、やがてタブーとは異なった形で新しい価値観、つまり環境倫理を手に入れる。
環境倫理の視点で見つめるなら、そういう物語だ。

本作品は、WWF世界野生生物保護基金(現世界自然保護基金)推薦作品とされており、自然保護を主張した作品とみなされることがある。
しかし、実際に描かれているのは人と自然との「対立」であり、自然保護ではない。
しかも日本の歴史性を踏まえて描かれた、現実としての「対立」だ。

この「対立」の先に我々は何を求めるのか?

もちろん自然保護も一つの選択肢ではあるが、
より激しい自然との対立を我々は望むのかもしれず、
客観的にはどちらが正しいともいえない。

我々は自然に対して何を望み、将来、どのような行動を起こすべきなのか。
これはそのヒント与えてくれる貴重な作品だと思う。

(文責:道下雄大)

【関連ページ】
amazon(イラストは主人公の少女ナウシカと蟲(オーム)。昆虫類がこんなに巨大化することは生物学的にありえないのだが・・・、この蟲はたぶん昆虫類ではないのだろう。)


タグ:宮崎駿
posted by 道下雄大 at 11:04| Comment(0) | アニメーション(アニメ)

2014年01月18日

魔法少女まどか☆マギカ

『魔法少女まどか☆マギカ』はシャフト制作、新房昭之監督、虚淵玄脚本によるアニメ。2011年1月から4月まで放送された。全12話。
魔法少女といえば楽しい子供向けの物語をイメージしがちだが、これは大人向けのシリアスかつ哲学的な美術作品というべきだろう。

作画は戦闘シーンとそれ以外のシーンで異なっており、戦闘シーンでは劇団イヌカレーのイラストによる不思議な抽象芸術空間が表現され、それ以外のシーンではアール・ヌーヴォーを彷彿とさせる自由曲線が巧みに描きこまれている。どちらのシーンでも非日常的な印象が強く、しばしば自我が薄れゆくような陶酔感を生み出す。

一方、この作品は「願い」をテーマとした深い精神性も描いており、非日常性の中に精神的リアリティが立ち現れる。

登場人物たちは、一つだけ願いをかなえてもらう代償として魔法少女になる契約を結ぶ。
その願いは、たとえ宇宙の法則を捻じ曲げるようなものであっても問題なく、契約時に瞬時に実現する。

人は誰でも多くの願いを持っている。

それゆえに人はさまざまな努力を重ねてゆくが、その努力が実を結ぶこともあれば、実を結ばないこともある。

でも、もし一つだけ願いを瞬時にかなえてもらえるとしたら、あなたは何を願うのだろうか?

その願いをかなえてもらったとして、あなたは本当に幸せになるのだろうか?

物語の登場人物たちは、こうした問いかけに心を悩ませ、それぞれが一つの決断を下していく。

個人的には物語の流れがやや強引で現実味に欠ける点が残念だが、高い芸術性と精神性が同居したこのアニメはまれな良作品だと思う。

ところで、
「願い」は現在の環境倫理学ではほとんど考慮されていないが、それは環境倫理との関連が薄いからでは決してない。

例えば、自然のあるべき姿は人により異なり、それらの違いにより「自然に人手を加えるべきかどうか」など思想的な対立が世界各地で生じている。これはつまり「自然がこうあって欲しいという願い」が人それぞれに異なることを意味する。

では、自然に対してどのようにあって欲しいと、私は願うのだろうか。

雷、暴風、害獣、害虫、有害雑草、病原菌などは一切存在せず、生物は例外なく人に対して従順であり、人にとって予想外の出来事は何一つ起こらず、自然災害への備えが全く不要になるぐらい安全な自然の実現が可能であったとしたら、私はそれを願うだろうか。
(もし宇宙コロニーが実現するとしたら、そのような自然が組み込まれるのかもしれない)

あるいは宇宙の法則を捻じ曲げて、すべての生物を不老不死に変え、動物の殺処分や出産を不要なものにできるとしたら、私はそれを願うだろうか。

いずれにしろ「願い」は自然だけでなく、さまざまな存在の根幹を揺さぶり続ける。

『魔法少女まどか☆マギカ』のエンディング曲「Magia」は、その「願い」が凝縮されている。この曲は深い精神性と芸術性を兼ね備えた傑作だ。

(文責:道下雄大)


【関連ページ】
公式サイト
http://www.madoka-magica.com/tv/

amazon
(イラスト中央は主人公のまどか。人物イラストだけは他の魔法少女作品に似る)


エンディング曲「magia」


posted by 道下雄大 at 16:44| Comment(1) | アニメーション(アニメ)

2014年01月13日

Abita

『Abita』は福島の原発問題を扱った短編アニメ。ドイツのDHBW Ravensburg大学におけるShoko Hara氏とPaul Brenner氏の卒業制作品。音楽はLorenz Schimpf氏による。2013年ブラジルとドイツで受賞し注目を集めたが、日本ではほとんど報道されていないらしい。Shoko Haraさんは岡山県出身。

この作品のテーマは「福島の子供たちが、放射能のため外で遊ぶことができない。彼らの夢と現実について。」とされる。台詞は一切なく、落ち着いたBGMのもと、シンプルかつ幻想的な映像がつづられていく。人と他の生物が連続するさまは、神話的、アニミズム的なイメージを生み出しており、3分49秒と短い作品だが、印象的で美しい。

現在下記Youtubeなどで視聴できるが、このYoutubeページには複数の視点からの書き込みが多数あり、環境倫理的に興味深い議論が展開されている。

2011年9月に鉢呂経産相が福島原発周辺を「死の街」と述べたことに対して、賛否両論が巻き起こった事があるが、『Abita』をめぐる議論はこれと同じ論理構造のようだ。

原発に対する想いや価値観は人それぞれ違っている。
だからこそ『Abita』を通して、互いに敬意を払いながらも建設的な議論が続けられることを心から願う。

(文責:道下雄大)

posted by 道下雄大 at 13:20| Comment(0) | アニメーション(アニメ)

2013年12月20日

進撃の巨人

2013年に最もヒットしたアニメといえば『進撃の巨人』。
強大な敵に勇敢な主人公が立ち向かう物語といえば、よくあるバトルアニメ(戦いが物語の中心となるアニメ)の一つともいえるが、個々の人物の精神的内面がこれほどまでリアルに描かれるアニメは他に例を見ない。絶望と希望の狭間で人は何を悟り、どう行動するのか、考えさせられる。

他のアニメであれば極悪人が突然善人になったり、戦いには適さない異常な服装や髪型をしていたり、どう見ても高齢なのに10代の学生という設定だったり、視聴者受けを狙った現実味に欠ける設定がありがちだが、この作品にはそのような非現実性はほぼ皆無である。
戦いの衣装、動き、戦術、旗(自由の翼)などの一つ一つに洗練された機能美が備わっており、進化の歴史の中で育まれた生物の美に通じるものが感じられる。そうした機能美の上に登場人物たちの熱い想いが重ねられ、物語のリアリティがが異常なほど高まっていく。この精神性を含めて現実を直視する姿勢は広義の環境倫理としても評価できる。
なお、25話まで連続放映されたアニメなのに絵と音楽はジブリ並みの優秀さだ。

この作品の精神性で注目すべきは「世界の残酷さと美しさ」がテーマになっている点だろう。嗜好品として人を食する巨人の残酷さと弱い他人や動物を殺す人の残酷さが対比的に描かれる。つまり、単純に敵が悪いとみなすのではなく、自分を含めて醜い部分と美しい部分とを共に直視する姿勢を示す。

この姿勢は現代の都市化された人類が失った精神性の一つであり、自然と密接に関わりあいながら生活する人々の間では当たり前のことであった。我々は他の生物の命を奪わなければ生きていけない。そんな当たり前の現実から目をそむけて、自分の心を痛めずに生活することを可能にしたのが現代文明のシステムだ(詳細は森岡正博『無痛文明論』参照)。

オープニング曲「紅蓮の弓矢」では、敵から目をそむけて壁で守られることに満足する人々を家畜の豚に例える歌詞があるが、それは現代文明という壁の中で誰かよく知らない他者が食料やライフラインを維持してくれていることに満足し、それ以上思考しようとしない私の姿そのものでもある。

現代社会で主人公のエレンのように生きることは、社会のシステムを問い直す行為であり、リスクが大きく、場合によっては反社会的行為とみなされるかもしれない。
それでも、エレンの生き方に惹かれるのはなぜなのか、考えてみる価値はあるのではないだろうか。

(文責:道下雄大)


【関連ページ】
TVアニメ「進撃の巨人」公式サイト


タグ:進撃の巨人
posted by 道下雄大 at 14:17| Comment(1) | アニメーション(アニメ)