2014年01月20日

ソラノカナタ

『ソラノカナタ』はちめいどの楽曲であり、蔭山武史が作詞し中越雄大が作曲した。
ちめいどは中越雄介、雄大の兄弟2名によるアコースティックユニットであり、生きることの素晴らしさ、生命の大切さなどを味わい深く歌うことで知られる。ちめいどの楽曲はふつう雄介氏または雄大氏が作詞するが、この作品では筋ジストロフィーという重度の難病にある蔭山武史氏が特別に作詞している。

私はとあるきっかけで蔭山武史氏と親交を得て、彼の自宅を2度訪ねたが、常に人工呼吸器を身につけなければならない彼の生活の大変さは私の想像を絶していた。障害者や医療の問題に興味のある人は、彼の自伝『難病飛行―頭は正常、体は異常。』をぜひ読むべきだろう。

私は気になっていた。

彼のように自然と触れ合う機会が少なく、また壮絶な人生を歩む人物は、人生をどのように認識し、身の回りの環境に対してどのような想いを抱いているのだろうかと。

私はそのような人物と対話するのが好きだ。
でも残念ながら彼は口で対話することができない。
メールやFacebookでなら対話できるが、文章で哲学的な質問をすれば変な誤解を与えるかもしれない。自分の体調が悪かったこともあり、彼から遠ざかっていた。

でも、彼の想いの断片はこの作品の中にちりばめられていた。

『ソラノカナタ』では、青空というキャンパスに決してあきらめることのできない彼の夢が描かれる。その夢を支えるのは、かつて彼と死別した愛する仲間たちであり、現在集まりつつある多くの友人たちのようだ。

この曲の精神性で注目すべきは、環境に対するイメージが心境によって変化するさまを描いている点だろう。

ちめいどは「街の騒音さえも心地よく思えるよ」と歌うが、ひょっとしたらこのような感覚は誰にでも経験があるのかもしれない。

身の回りの環境に対するイメージや想いは人それぞれに異なっているが、同一人物でも心境によってさまざまに変化する。

そして、その心境による変化の程度は個人差が大きい。

私の場合では、それまで当たり前のように存在していた木々や草花が突然全く異なる存在として自分に迫ってくるのを感じた経験がある。それらの存在が私を圧倒し、何かが心の底に響いた。この経験は結果として私に民族植物学への道を歩ませる。

私の敬愛する森岡正博氏は、便器やコップ、歯ブラシなど様々な事物に対してこうした感覚を持ったことを『無痛文明論』第7章で吐露しながら、これに対して興味深い哲学的考察を行っている。

このような心境を人は気づき、さとりなどと呼ぶが、いずれにしてもかけがえのない大切な経験だ。
その瞬間、自己と環境の両者が精神的・哲学的な意味で変化し、響きあい、音色を奏でていく。

(文責:道下雄大)


【関連ページ】
ちめいど・オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/bchimeido/

蔭山武史(特定非営利活動法人もみの木)ブログ
http://ameblo.jp/kage35/

amazon
蔭山武史『難病飛行―頭は正常、体は異常。』




posted by 道下雄大 at 22:02| Comment(1) | 音楽
この記事へのコメント
>この曲の精神性で注目すべきは、環境に対するイメージが心境によって変化するさまを描いている点だろう。

これは誰しも共感できる部分ですね。
子供のころ、雪が降れば、魔法使いが魔法を使ったように嬉しかった。
大人になり出勤するようになると、雪は電車を止めてしまう厄介ものだと思うときもあり…

年齢、環境、境遇により自然への気持ちは変化しますね。

>それまで当たり前のように存在していた木々や草花が突然全く異なる存在として自分に迫ってくるのを感じた経験がある。

原生林では草花でさえ神聖で霊的なものに感じます。生命にあふれているから、一人の人間の魂など圧倒されるのでしょうか?
Posted by 山本京嗣 at 2014年04月29日 13:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: