2013年12月24日

PLUTO(プルートウ)

『PLUTO』(プルートウ)は、人気漫画家浦沢直樹の代表作の一つ。
手塚治虫の『鉄腕アトム』中の「地上最大のロボット」部分をリメイクした作品だが、オリジナルの物語、世界観、画風が多数盛り込まれており原作とはまったく異なる雰囲気で楽しめる。『ビッグコミックオリジナル』にて2003年から2009年まで連載。単行本全8巻。

この作品はロボットの権利が認められた先進社会を舞台にしており、世界ロボット人権法の廃止を求める過激団体やロボットを心から愛する人たちが登場する。

登場するロボットたちの感情は基本的に人とは異なったものとして描かれているが、やがて身近なロボットたちが殺害されていくにつれて、ロボットたちは人の悲しみを知り、ロボットと人とが同化していく。
手塚治虫の鉄腕アトムでもそうだが、ロボットは人以上に人らしい心を身につけ、男らしく筋の通った生き様、そして死に様を示す。

それにしても、ロボットの心とはいったい何なのか。心が存在するとはいったいどういうことなのか、考えさせられる。

現在の環境倫理学ではヒト以外の動物に権利を認めるかどうかは大きな問題だ。ヒトと似た生体構造を持ち、ヒトと似た神経系を持つ動物に、ヒトと似た心や感情があるという発想を多くの人は否定できないだろう。だから動物の権利という概念は社会で影響力を持つ。

ロボットの体や神経は人と全く異なる仕組みで作られているが、知能の高さという点で見れば動物よりもヒトに近い。

では、そこにヒトと似た心や感情が生まれえるだろうか?

もし生まれるのであれば、『PLUTO』の世界はやがて現実のものとなり、将来における環境倫理の重要な課題となる。

我々は常にヒトとは異なる多種多様な存在に囲まれている。
大自然の中で生活しようと、大都会の中で生活しようと、この事実は変わらない。

動物、植物、山、川、海、歴史的建造物、ロボットなどヒトと異なる存在をどう認識し、そこにどのような価値を認めていくべきなのか。

たとえロボットに人と似た心や感情が無かったとしても、『PLUTO』の問いかけはやがて別の形で我々に迫ってくるだろう。

(文責:道下雄大)


【関連ページ】
amazon
(1巻表紙はゲジヒト、2巻表紙はアトム、3巻表紙はウランであり、すべてロボットである)

    
posted by 道下雄大 at 22:34| Comment(1) | 漫画
この記事へのコメント
ぜひ、アンドリューNDR114(原題:Bicentennial Man)をご覧ください。ロボットが人へ近づいていくこと、それを美しく、切なく描いた佳作です。
Posted by 山本京嗣 at 2014年04月29日 13:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: