2014年10月28日

風の谷のナウシカ(アニメ版)

宮崎駿氏との偶然の出会い、それはとある急峻な谷間の農村で起きた。
出会いといっても民俗学に関する多少の会話を交わしただけなので、彼はもう私のことは忘れているかもしれない。

たまたま民族植物の研究調査で訪れた農村、そこは伝統的な日本の民俗文化が今も息づく場所であり、日本の原風景ともいえる景色が広がっていた。
宮崎氏は定期的にここを訪れていた。
そこは彼にとっても私にとっても、なぜか心地よい場所。

本作品に登場する風の谷とはまるで風景が違っているけれども、私にとってはこれも「風の谷」だ。

「風の丘」ではなく「風の谷」。

民俗学、生物学、民族植物学など学術的な視点で見るなら、この違いはとても大きい。
谷は雨水の集まる場所であり、野性植物たちを育み、丘よりも肥沃な土地となりやすい。
やがて植物たちだけでなく、人を含めて多くの動物たちが寄り集まる。
だから長い歴史を持つ日本の農村は、その多くが谷に位置する。
水が多いので水田耕作にも適する。

日本の古い地名には「谷」を含むものが多いが「丘」を含むものは少ない。
「丘」はたいてい歴史の浅い新興住宅地であろう。

丘は砦や城を築くには適しているかもしれないが、農耕民にとっては好ましい場所ではない。
生物の種類も丘と谷とでは違っており、それぞれに異なった生物種が生息している。
つまり距離は近くても丘と谷は別世界なのだ。

谷は肥沃であり、収穫物などを通して多くの喜びを人々にもたらす。
しかし、その肥沃さゆえに、丘からの侵略を受けやすく、多くの悲しみも生じる。

風の谷のナウシカでは、日本文化の根源ともいえる「谷」の悲しみと喜びが表現されている。
おそらく日本人であれば、無意識のうちに共感を感じてしまうのではないだろうか。
このような物語設定は宮崎作品以外のアニメや漫画ではほとんど例がなく、みごとだと思う。

一方、
谷の悲しみは、侵略を受けやすいことだけではない。
多くの生物たちが集まれば、人にとって有害な生物も集まる。

生きるため、太古の時代から人は有害な生物を殺し排除してきた。
農業のために必要とあれば、森を焼き払い、有害・無害にかかわらず生物たちを殺すことさえある。

本作品で描かれる自然は人に恵みを与える一方で、厳しくたくましい。
腐海の森は毒を吐き、ある種の生き物は戦車よりもはるかに強い力で人を襲う。

まるで原始時代のように、この作品の登場人物たちは自然と戦って生き、自然を征服しようともがいている。

しかし、そこに環境倫理が存在しないかというと、そうではない。
谷の長老は、侵略者たちに対して、自然に対してしてはならないあることを訴える。
その訴えは禁足地など日本でもよくみられるタブー(禁忌)の一種であり、タブーであるがゆえに村の外からやってきた侵略者たちの心に響くことはない。

タブーとはそういうものだ。
非論理的で説得力に欠けるが、ときとして重要な倫理が見え隠れする。

本作品のタブーの中にも何かが見え隠れする。
主人公のナウシカは命がけの活躍によってそれを徐々に明らかにし、やがてタブーとは異なった形で新しい価値観、つまり環境倫理を手に入れる。
環境倫理の視点で見つめるなら、そういう物語だ。

本作品は、WWF世界野生生物保護基金(現世界自然保護基金)推薦作品とされており、自然保護を主張した作品とみなされることがある。
しかし、実際に描かれているのは人と自然との「対立」であり、自然保護ではない。
しかも日本の歴史性を踏まえて描かれた、現実としての「対立」だ。

この「対立」の先に我々は何を求めるのか?

もちろん自然保護も一つの選択肢ではあるが、
より激しい自然との対立を我々は望むのかもしれず、
客観的にはどちらが正しいともいえない。

我々は自然に対して何を望み、将来、どのような行動を起こすべきなのか。
これはそのヒント与えてくれる貴重な作品だと思う。

(文責:道下雄大)

【関連ページ】
amazon(イラストは主人公の少女ナウシカと蟲(オーム)。昆虫類がこんなに巨大化することは生物学的にありえないのだが・・・、この蟲はたぶん昆虫類ではないのだろう。)


タグ:宮崎駿
posted by 道下雄大 at 11:04| Comment(0) | アニメーション(アニメ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: