2014年07月16日

伊藤若冲の作品群

生物の好きな人であれば、伊藤若冲(1716〜1800)の作品のすばらしさは説明するまでもないだろう。花鳥画の伝統を受け継ぎながらも、細部の正確さを追求したその筆遣いには、江戸時代に発展した本草学(博物学)の影響がみられる。代表作は『動植綵絵』など。

jakutyu.jpg
(プライス・コレクションの『紫陽花双鶏図』。これ以外にも「伊藤若冲」や「動植綵絵」でネット検索すれば多くの作品群を見ることができる。)

人は日常生活を送る中で、身の回りのさまざまな生物や存在、風景などを見て、それらを心で感じる。
しかし、身の回りに存在するにもかかわらず、あまり意識していない存在や風景も多い。

例えば、身近な植物の花のつき方、おしべの数、枝の分かれ方、葉脈の模様、葉の裏の色、
これらを真摯に見つめるならば、人は今まで気づかなかった非日常の世界が広がっていることに気づく。
そこに広がる世界は、幾何学的なデザインだったり、不思議な一体感を見せる曲線模様だったり、生物が生き残るために獲得した機能美だったり、多種多様な姿で彩られている。
これらはいわば小宇宙(ミクロコスモス)であり、私自身の日常と常につながっているにもかかわらず、隠れていた非日常ともいえる。

小宇宙といえば、ルーペや顕微鏡でのぞいた世界をイメージする人がいるかもしれないが、見つめる心さえあれば、肉眼でも十分に観察可能である。生物学の基礎となった本草学は肉眼を通して世界を見つめたのであり、伊藤若冲も同様であった。

それは見つめなければ、一生気づくこともなかったであろう世界。
画家はそれらの世界を絵で表現し、学者は文字でそれらを表現する。

このように人は、見つめることによって、新たな世界との「つながり」を増やしていく。

この「つながり」が人にとってどのような意味を持つのか、科学的にはまだ明らかにされていない。
けれども、この「つながり」は人にとっての生きる糧の一つであるように私には思える。
ときには「つながり」が環境を愛する心を育み、環境とつながって生きることを可能にする場合もあるだろう。

もし生物学的な視点だけで見るなら、ベルギーの画家ピエール・ジョゼフ・ルドゥーテ(1759〜1840)やシーボルトの絵師をつとめた川原慶賀(1786〜1860)の方が作品の構図により現実味や客観性があり、よりすぐれた画家だと私は考える。

それでも、生物学的な価値を保持しながらも、同時に生物の躍動感をもみごとに表現した伊藤若冲は、稀有な存在だ。
その作品の躍動感は、日頃生物に興味のない人をも引き寄せる力があり、穏やかながらも現代社会に影響を与え続けているのだろう。

(文責:道下雄大)


【謝辞】
GATAG|フリー絵画・版画素材集(http://free-artworks.gatag.net/
より画像をお借りしました。感謝申し上げます。
タグ:伊藤若冲
posted by 道下雄大 at 12:02| Comment(2) | 絵画
この記事へのコメント
>躍動館

鹿鳴館になってまっせ。
確かに、日本画家の中では伊藤若冲は異色ですね。
見方が面白いですね。

僕なら、彼の絵は動物画や植物画に見えない。
細密画ではない。
屏風画がすごいのは、
例えば、一枚の中に、季節が違っていたりすることです。
その全体的な表現が日本画の唯一無二の表現。
この絵なら、
春の絵なのに(レンゲ)がある、
でも紫陽花が咲いている。
季節感の表現、それがこの人のすごさだと思いますよ。

レンゲと紫陽花は同時に咲かない。
でも真面目に描いているから、
違和感がない。
それが僕はこの絵の面白いところだと思います。
季節感が違うんですよ。

3-4月の花と6-7月の花が咲いているトリックに
観た人を錯覚させる、それが画家の技量。

人の感じ方は違っていて面白い。
Posted by 山本京嗣 at 2014年07月20日 16:40
ご指摘ありがとうございます。誤字修正しました。
季節感というのも興味深いですね。
Posted by 道下雄大 at 2014年07月21日 01:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: