2014年07月03日

鋼の錬金術師

『鋼の錬金術師』は、荒川弘による漫画作品。『月刊少年ガンガン』にて、2001年8月号から2010年7月号まで連載された。2003年と2009年の2度、異なる形式でアニメ化されている。

この作品の舞台は近代ヨーロッパ風の架空世界だが、登場する「錬金術」はヨーロッパで研究された本物の錬金術と異なり、いわゆる魔法のような技術である。ただし等価交換という制約下でのみ可能となるため、無から物質やエネルギーを生み出したり、飛行や瞬間移動をしたりするようなことはできない。
この等価交換という制約により、本作品は精神的な意味でオリジナリティの高い作品となっており、他のファンタジー作品とは大きく一線を画している。

2003年に制作されたアニメ版の『鋼の錬金術師』では、毎回オープニング曲に先立って次の説明がなされるが、これは『鋼の錬金術師』をみごとに要約している。

「人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない。
 何かを得るためには、それと同等の代価が必要になる。
 それが、錬金術における等価交換の原則だ。
 その頃僕らは、それが世界の真実だと信じていた・・・」

物語の冒頭で主人公の少年は「錬金術」における禁忌を犯し、その代償として右手と左足、弟の体を失う。
彼は罪人であることを自覚しながら、失ったものをとり戻すための長い旅に出る。そして、多くの仲間たちと敵たちに出会う。


環境倫理的な視点で見るなら、
等価交換は平等という概念に似ている。
それは現代哲学で語られる平等とは意味がややずれるが、私たちが素朴な意味で使用する平等は等価交換とほぼ同義だと思う。

例えば、何の犠牲もなく自由に望むものが得られる人がいたり、特別な理由もなく商品に代価を支払わない人がいたとしたら、社会における平等性は低下する。人種差別や男女差別は、平等だけではなく等価交換をも破壊する。

また、血のにじむような努力をした人が何かに成功するとき、多くの人はその事実を心地よく感じる。努力をしない人が何かに成功した時、多くの人は釈然としない不平等さを感じる。

人から助けられた時、自然の恵みを受けた時、人は何らかの形でそのお返しをしたい衝動に駆られるが、これも等価交換や平等の現れであろう。

でも、等価交換や平等は世界の真実だろうか?

確かに、この物語で指摘されるように、化学の質量保存の法則は等価交換の様相を示す。
一方、生物の世界では、優秀な遺伝子を持つものたちが、そうではないものたちよりも、より多くの食料を得て、より多くの子孫を残す。
それが生物学の指し示す厳然たる事実。

人の世界では、動物よりも努力がより大きな意味を持つけれども、優秀な遺伝子を持つものが生存により有利であるのは同じだ。

したがって、等価交換や平等が世界の「事実」とは言い難い。

それでも、等価交換や平等が私たちの心に大きな影響を与え続けているのだとしたら、それは「事実」を越えたところにある大切な心の「願い」なのだろう。

そうした心の「願い」は「事実」よりも美しい、
私にはそう感じられた。


【関連ページ】
amazon
(赤い服を着た人物が主人公のエドワード・エルリック。4巻右の黒服の人物たちが敵のホムンクルスであり、暴食、嫉妬、色欲などと7つの大罪(カトリックの教えの一つ)に由来する名前を持つ。暴食、嫉妬、色欲もまた精神的な意味では厳然たる「事実」である。)

   
タグ:荒川弘
posted by 道下雄大 at 13:24| Comment(0) | 漫画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: