2014年06月23日

Love the warz

SEKAI NO OWARIというグループの楽曲は今若者たちに大人気らしい。彼らの歌詞はいずれも深いが『Love the warz』の深さは異常だ。
(warzとはwarsのスラングであり、「Love the warz」は「戦争を愛せよ」を意味する。)




世界史を見渡せば、戦争によりいくつかの勢力が統一され、平和な時代が訪れることはよくある。この曲で歌われるように、実際、平和のためになされた戦争もあるのだろう。

しかし、平和になっても人々は幸せになるとは限らない。

例えば、日本では、もはや戦争で殺されたり、飢えで死んだりする心配はほとんどない。医療や治安も比較的充実している。
なのに毎年約2万7千人ほどの自殺者を出し続け、人口当たりの自殺率は世界的にみて高い。

では、どうすれば人は幸せになれるのだろうか?

今の日本社会がこの問いに答えてくれることはない。
それは自分で答えるしかない問い。


一方、
日本には限らないが、平和になった国々の中で戦争ゲームが流行している。
それはRPGとよばれるコンピューターゲーム。
ゲームに登場する敵(主にモンスター)たちは悪の手先とされており、彼らを殺しても罪悪感に襲われることはない。むしろ快感を与えてくれる。彼らを殺し尽くせばゲームの世界の中に平和が訪れるという。

冷静に考えれば、悪の手先とはいえ、他者を殺して金銭や物を奪い続けるなんて見苦しい。
ゲームの世界のことだから倫理的問題は生じない。

でも、私はなぜこんな見苦しい行為に快感を感じているのだろうか?

私たちが戦争を強く嫌悪しているのは確かであり、戦争を二度と繰り返してはならないのも確かだ。
それなのに、私は心のどこかでは戦争を愛してもいる。

これはおそらく私だけに起こる心の葛藤ではない。

我々を取り巻く自然環境の中にも問題は潜んでいる。

例えば農業被害を与えるイノシシやサル、生態系を乱すブラックバスやセイタカアワダチソウに対して、私たちは「害獣」、「外来種」とレッテルをはる。

すると、
彼らを「退治」することがなぜか正義のように感じられてくる。そして、彼らを殺し尽くせば平和が訪れるかのような錯覚に襲われる。

もちろん、この錯覚は間違った感覚でしかない。
現実問題として「害獣」や「外来種」たちは倫理的に何も間違いを犯していないのだから。

そもそも自然保護では、「害獣」や「外来種」を殺すことが目的なのではなく、人の生活や生態系を守ることが目的なのだ。

害獣や外来種を殺すのは、その行為だけなら苦痛と悲しみを生むだけであるが、「大切な何か」を守る過程を経て正当化され、やがて正義とみなされる。

一方、「害獣」たちは私たち人間に何かのレッテルをはってはいないだろうか。人間は数千年も前から「害獣」たちの生息地を力づくで奪い、田畑や建造物を作り続けてきた。
私たち「侵略者」を滅ぼせば平和が訪れると考えていたとしても不思議ではない。

この曲で歌われているのは、以上のような問いだと思う。
そして、この問いに対する答えは人によりきっと違っている。
だからこそ、この問いを直視したい。


【関連ページ】
amazon
「Love the warz」収録CD


タグ:sekai no owari
posted by 道下雄大 at 16:58| Comment(3) | 音楽
この記事へのコメント
日本の現状について。
「乞食」という言葉は放送禁止用語という
自主規制だけではなく、
日本政府の公式見解があります。
『日本は福祉国家なので乞食は存在しない』と。
僕たちは幻想を見ているのでしょうか?
大阪には、例えば天王寺、靭公園、北浜、あいりん地区・・・
冬には凍死者が後を絶たず、
夏には脱水症状などで人が死ぬ世界。

大阪の行方不明者の数をご存知ですか?
http://www.police.pref.osaka.jp/05bouhan/yukue/
派出所の掲示板をご覧下さい。
彼らは何処へ行ってしまったのか?
Kい世界の犠牲者なのか?

日本の心の平和は、
自殺者だけでは語れない現実があります。

道端で死ぬ人たち。
僕たちは現実を見て、問いただして行く
必要があるのだと思います。

一緒にあいりん地区に行きませんか?
僕はボランティアで行っています。
彼らは閉鎖された空間、
近親相姦を繰り返し、身長も非常に低く、
傷害を持つものも多い。
どうしてこんな差別があるのか?

戦争は、他国へ向けてのものだけではありません。
書かれているように
レッテルというものと、
時に戦うことも戦争かと僕は思っています。

差別を感じたら、拳で闘え、
僕のハーフの友人の祖父の教えです。
僕もそうします。
Posted by 山本京嗣 at 2014年06月23日 23:38
どんな時代でも、どんな地域でも、不幸や差別がなくなることはないですね。今の日本社会が不幸なのは、現実を見なくても、現実に対して思考停止をしても生活できてしまうことだと思う。あいりん地区のボランティアぜひ行きたいです。
自分が役に立つかどうかはわからないけど、現実を知った先にしか希望は転がってないですから。
Posted by 道下雄大 at 2014年06月24日 12:25
書かれているとおり、
現実社会を見ずとも生きていけますね。

イタリアの皮製品が非常に高級品として
百貨店に並んでいますが、
フィレンツェの職人たちは被差別者という
現実とレッテルを貼られています。

あいりん地区は
日本で唯一暴動が起きる地域ですしね。
もういらしゃりませんが、一人の神父さんが
頑張って活動されていました。

中開(なかびらき)などは
閉鎖地域となっており、
内部で近親相姦を繰り返しているので、
皆さん身長が150pも満たないような現状です。
何かしら片目に障害があるなど、
遺伝子が起因する問題も抱えています。

行くのなら、言葉は悪いですが、
ギャングもいるので、
多少の心構えは必要かと。

何も出来ないかもしれませんが、
現実を知ることは世界を広げます。
別の箇所で役立つこともあるかもしれません。
魔法みたに世界は変わらない。
すこしずつつつくと、
世界は変わる。

セカオワのライブですが、
映像や光のアートと音楽という
「見せる」ライブですね。
面白いと思いますよ。
音もそんなに大きくないし。
Posted by 山本京嗣 at 2014年06月24日 16:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: